〈Yoko Press_インテリアライターのお仕事〉Precious.jp掲載 ノル スタジオの「ウームチェア」





最初に扉を開く際に触れることになる、真鍮の取っ手も要チェック。「いい感じに経年変化していく真鍮の美しさ」を実体験してほしいです。

みなさんご存知の名作チェアを多く扱うKnoll(ノル)。

新しいショールームは「青山一丁目」駅出口0から直結。

だから、どんな方向音痴の方でも必ず迷わず着くことができるんです!

 

名作椅子は裏側も美しい!なかなか見えない「椅子の裏側の仕上げ」を楽しんでもらえるよう、ミラー仕立てになった展示台。

 

名作を知ってるつもりにならず、是非座ってみてください。

私も写真集で見てばかりいないで、思う存分味わってきました。
味わうだけならタダ。磨いた感性は一生の宝!!!

ってわけで、Precious.jp連載「156㎝のインテリア」第9回目はサーリネンのウームチェアをご紹介しております。

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加