〈思春期のママはつらいよ。300字日記vol.17〉第3カーブで、息子の名をさけぶ

 

 

リレーと安全な騎馬戦しか出場種目を知らずにのんびり見ていたら、「騎馬徒競走」(騎馬戦の体制で、上の子は大きな旗を持って全力疾走)なる競技が始まり、祈るような気持ちで見てました。

リレーの第1走者は、1番でバトンを渡すのが使命。

スタートでトップに抜けるか、最後のカーブで抜くか

第3カーブの声援は、なぜかよく聞こえる

 

例年サッカー部のママ達が陣取る炎天下の第3カーブ。

今までは一人で木陰から見ていたけれど、

「息子の名前を呼んで応援してみたいな、でもどうしよう?」と聞くと、

「だったら、みんなで呼ぼう!」と太陽のような笑顔で輪に入れてくれた。

 

スタート前に円陣を組み、やおら独唱するサッカー部員。

続いてリレー選手全員が歌い始めた

その真只中にいる時は決して使わない言葉「青春」そのものの風景を目に焼き付ける。

ちっちゃな自意識なんて吹っ飛ばす母になってみました、昨日はね。

熱中症も名誉に感じた。

 

運動会の次の日はピアノおさらい会なんです、怪我したら大変。だって、大好きな曲を弾くんです。全てが無事に終わって一安心。連日、週末の緊張感半端ないっす

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加