【思春期のママはつらいよ300字日記vol.35】母は強しは、嘘

みんな歯をくいしばって微笑んでる。

子どもの受験、落ちた時にどう寄り添うかずっと考えている。
忘れ物してないか、寒くないか、何より思い詰めてなんかいないか、心配です。

勿論、縁のある学校に行くわけで。
生涯の友に出会うかもしれない、恋をするかもしれない、喧嘩もするだろうし、あるのかないのか分からない空気を読まなきゃいけない場面もくるでしょう。

「あれだけ勉強してきたんだし、やりきったよ。楽しい高校生活が待っている」と言うんだ!と練習しながら、銀行探す帰り道。

ミスドの店員さんに「ドーナツお忘れです。」と、受け取る。乗り換えの駅内でスープストックに寄り、「スープをお忘れです」と受け取る。花屋で買ったブーケは、お茶のお稽古バッグに突っ込んである。そもそも何故花買ったよ、自分。郵便受けのダイヤルが回りすぎて番号がなかなか合わない。

ハッキリ言えば、いっぱいいっぱい。
どんな顔して、結果を告げたらいいの?

と、息子に会うなり
「自己採点会行って、サッカーしてくるね!」と、ドーナツとスープを食べ尽くして出かけて行きました。

なんなんだよ…..

寂しいじゃない?

なんなのよ…

子離れのやり方なんて、知らなくて大丈夫でした。

子は自ら離れていくようであります!

今日、知りましたっ

以上報告おわり、概ね平和です。

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加