〈思春期のママはつらいよ。300字日記vol.9〉ママみたいになりたくない娘の気持ち

 

ズンズン進めばいいよ、お兄ちゃんもいるしね

 

 

「ママみたいになりたくない」

そう言われる側の立場になった。言葉の苦味が広がって、気力を奪っていかれる。一体具体的にどこが?そこを直す機会にしよう、と思って聞くも、普段からコンプレックスに思っていて、直せてない点を明確についてくる。

 

少女って残酷だ。でも身に覚えもある。

 

そうやって反発できる相手がいること自体、幸せなんだとそのうちわかるよ。親子なのに無関心や空気読みあったりして、その結果「いい感じ」の間合いが取れていたら、自立も遅れるんですよ。

 

年取ってから反抗されても大変だし丁度いいわ。言ったことを全部鵜呑みにされても間違えられないし、退屈しちゃうから。

 

ママが想像もできないような、面白い女になってね。

 

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加