fun pun clockシリーズ開発秘話②「カタチ」色鉛筆ってどこにあるの?

fun pun clock with color! が2015年5月11日にレムノスさんより発売します♪

商品について、詳しくはレムノスさんHPより→コチラ

fun pun clock with color! press release

レムノスさんでも「公式の」開発秘話を書く予定ですが、

公式では「まるで1人のデザイナーが作った時計」のように見えるけど、

全然違うってところにフォーカスして、何回かに分けてブログを書きたいと思います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

fun pun clockのデザイン、よく「色鉛筆のカタチの針がかわいい♡」って言って頂けるんです。

嬉しいです、ありがとうございます。

でも、初めて言われた時「どこどこ?どこに色鉛筆があるの?」と探してしまいました。

…というのも、自分ではエンピツ型の針を作った意識は全くなかったので(小声)

●エンピツ?どこにあるの?●

fun pun clock L今は分ってますよ、私も。

時を指す針が「色鉛筆」のカタチに見えますよね♪

…でも、結構長い間「そういう子供じみた事はしない主義です」的に片意地を張っていました。

幼児の皆さんは可愛い顔して厳しいんだぞー(魂の叫び)

●針のカタチは機能優先した結果●

最初は、針に色はなくて「矢印」のカタチをしていました。

IMG_3011_2…下手すぎて公開していいのかな?ってスケッチでお目汚しします♪

10進法と60進法の関係を繋ぐ「針のカタチ」を初期はずっとスタディーしてます。

IMG_4715というのも、最初の頃。

針はモノクロで60進法の数詞を囲む「透明」素材で考えていました。

IMG_5134色使いが60進法と矛盾してると気がつかされて、文字盤に色をモノクロにします。

*コレについて、詳しくは開発秘話①「色」をご覧下さい。

その際に、視線が行くように針先に色をつけてみました。IMG_5133試作の出来るたびに、幼稚園に持って行っては1週間ほど飾らせていただきました。

針の素材や、見え方、動き方、文字盤の数詞の関係性等々

…色々とあって、針のカタチをスタディーしてるうちに変化していきました。

IMG_8686

打ち合わせの時にレムノスT社長と友人が「この鉛筆がかわいいですよね!」との会話を聞き、

私「え?どこどこにエンピツあるの?」

友人H氏「ほら、これ鉛筆でしょ」

私「ほんとだー!」

T社長「鉛筆と万年筆かと思ってましたよ」

私「えー、万年筆?どこどこ?」

●エンピツ型だ、と受け入れるきっかけになったロゴデザイン●

ロゴデザインは、売れっ子グラフィックデザイナーで

目下ご自身も子育て中のデザイン事務所 Vol.・濱中さんにオーダーしました

①文字は小文字。時計の文字盤に使用しているフォントでお願いしたい。

②fun(5.15.25.35.45.55分)を繋いだ時に六角形になることから

(反対のpun=10.20.30.40.50分も同じく六角形になる)

六角形の形をどこかに入れて欲しい。

③子どもが小さなうちの一日のピークは「寝かしつけ」。

21時に寝てほしかったら、30分前からの段取りが命。

だから「20時30分」の時刻の要素を入れてほしい。

*ロゴをデザインしてくれた、デザイン事務所 Vol.さんのブログに、詳しい解説もあります。

提案してくださったロゴと説明。

LOGO_finish_cs3

fun pun clockの部分をGillsansのライトイタリックにし、文字に遊びを持たせました。
「o」を六角形にし、8:30の表示もこの中にまとめました。

「k」の一部を長針に見立て、実物と同じ鉛筆の形にしました

ポイントになる部分のみカラーにして分かりやすく。

Vol.さんも「鉛筆」って言ってる!!!

とどめに、レムノスK氏にまで

「理論的なだけでなく、鉛筆型の針がキャッチーですよね」と言われる。

IMG_0783

…ふーーーん

じゃ、鉛筆で♪

「この鉛筆型の針がポイント!」

とかIDEEのワークショップの頃には言ってました(小声)

このワークショップで使う時計を探して廻って、

結局なかったので、

レムノスさんに作らせてもらったんです。

いつも応援ありがとうございます♡

140820.jpg