親子インテリアワークショップ@景丘の家 無事終了しました!

景丘の家でのアートスクール、本当にたくさんのご応募をいただきましてありがとうございました!

景丘の家はエントランスに大きな囲炉裏があります。”こどもと食”をテーマに、様々な世代が集う”居場所としてオープンしたそう。

スタッフさんに自分が作ったの指差してー、と言われた時のみんなの自信満々な感じがとびきり素敵!!!

 

子どもってすごい

みんな自分の好きな色を迷わず選ぶし、

道具を片付けている時に気がついた、クレヨンの巻き紙ギリギリまで使い切ったいろんなオレンジ色 巻き紙をとってあげればよかったな、と猛反省

画材をどんな風に使えば作りたい雰囲気になるのか使いながら学んでいくし、

 


シールやスパンコールの配置や紐の長さにもコダワリがあって、

出来上がると本当にそれぞれ違うテイストのライトに仕上がるんです。

 

 


「インテリアはじぶんで作れる!」

工作をして終わりなんじゃなくて、今日作ったライトでお部屋を素敵にかっこよくしてほしい!」

これが私からのお願いです。

 

パパやママがおうちを素敵にしてくれていると思うけど、子どもだって作ることはできます!

インテリアは、ライトと壁と床でできています。

その中で一番すごいのが「ライト」。

お部屋の電気を全部消して、今日作ったナイトライトでお気に入りを照らせば「秘密基地」のできあがり。

 

幼稚園や保育園や小学校で作った作品を壁に飾ろう!

ライトと合わせれば、誰にも真似できない、パパやママにも作れないインテリアができます!

気なくなったTシャツでラグを作ろう!

好きな色のものからくたびれちゃうよね?!

ラグの「滑り止めマット」に、Tシャツを細く切ったものを結んで行けば自分だけの色の床ができるよ!

残念ながらみんなのお家に一緒に帰ることは叶わないので(笑)どんな風に飾ってくれたか、@yokodobashi でタグ付けして見せてもらえたら嬉しいです♡ 必ずお返事します。

最後に

 

小さなお子さんを連れて参加して下さった保護者の皆様、抽選で今回は残念ながらご一緒できなかった方々、景丘の家のスタッフの皆様、いつも応援してくれる友人達に感謝です。

安全性を保つために6名しかご参加いただけず、本当にごめんなさい。 本当は応募してくださったみなさん全員と一緒に手を動かしたかったです!

 

3年ぶりに子ども達と手を動かせて、心の底から楽しかったです。

また、一緒に手を動かして毎日の風景を素敵に変えていきましょう!!!

景丘の家のフォトレポートはこちらからご覧いただけます。

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加