【思春期のママはつらいよ300字日記vol.31】ダサさと少女の微妙な関係






かかとが浮くのは変だから、パンプスはジャストサイズにしたら?

中1女子と、ピアノの発表会用ドレスを買いに出かけた。

キッズでは胸がきついし、大人用には体が小さい。
「黒じゃなきゃ」ダメだし、世の中の殆どのものは「ダサい」のです。
結局はヴィンテージショップで、奇跡的にジャストサイズの総レースの長袖ドレスを購入。

大きいと思ってた足も、試着を繰り返していたら23だった。
「足が小さいのはダサい」とか…学校の靴類は全て24.5だけど。

でも、いいよ。

私も大きいハイカットスニーカーを紐で締めて履いてました。
「引きずる長さの毛布みたいなスカート着てたよね」と、久々に会うイデー仲間に言われるほど、好きな服装で過ごしてました。

反抗しながら変な格好もして、自分らしく大人になってください。

2001年の西麻布交差点。このイベント終わって買ったコムデギャルソンのスカートは、たしかに「床を引きずる長さの袴みたいな」デザインです。もう17年も前に買ったものを今でも気に入ってる…私それでいいのかな?

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加