fun pun clock with color!_開発秘話③「インテリアカラー」ってどんな色?

fun pun clock with color! が2015年5月11日にレムノスさんより発売します♪

商品について、詳しくはレムノスさんHPより→コチラ

レムノスさんでも「公式の」開発秘話を書く予定ですが、

公式では「まるで1人のデザイナーが作った時計」のように見えるけど、

全然違うってところにフォーカスして、何回かに分けてブログを書きたいと思います。

photo :Koji Fukuzaki

〈カラフルな枠のfun pun clock なんじゃないの?〉

「プライベートな空間に入っていくような、よりパーソナルなお気に入りになりうる

カラフルなキッズ用の時計の開発」というお題目で始まりました。

実は、オリジナルのfun pun clockで果たされなかった「色」を使う機会を与えてもらえたのです。

詳しくは開発秘話①をお読みください♪

〈インテリアカラーとしての時計の色って、どんな色?〉

プロダクトの色使いってどうしても「それだけで綺麗」にしてしまいがち。

でも、それってインテリアに馴染まない。

だからって、色がなくて素材のままのナチュラル一辺倒も退屈ですよね?

そこで、いつも壁を塗る時にお世話になっているペイントメーカー・カラーワークスさんの

オリジナルブランド「Hip」(全1488色)から、何度も調整して選び直しました。cwhipHipの微妙な色の世界観を間違いなく共有する為に、

CMYK(印刷用の色の番号)に置き換えようとしたり、

IMG_3881

緑の色合いの方向性に行き詰まってみたり、

『春の木の芽の色合は黄色と似てしまうし、夏の木陰の色合いは濃すぎて数字が見えない。。』

軽い気持ちで、その頃ご自宅のペイントのお手伝いさせてもらってたウッチーさんに相談。

すると5秒で「オリーブグリーンが好き♡」と笑顔でビシっと方針を決めていただく☆

uchidasama

最後の詰めでは、高岡の本社から制作のTさんに出張までしていただいて(!)

時計の色を決める際に、時計だけでもひーひー言ってるにも関わらず、

時計各色に合う、壁のカラーも同じ「Hip」から選びました。

詳しくはコチラ→時計と色の壁で作るインテリアの方向性の提案

DSC_4727

無事、先日のカラーワークスさんのパーティーで発表させていただきました。

堂々と!

冷静さ皆無のプレゼンだったとしても!!

yokodobashi

レムノス紳士がフォローしてくれるから平気です。

そこは DIWO=Do  it with others!= 気の合う仲間とやろうかな♪ ってことでひとつ。

dobashi_kikuchisan

また、このカラー選びの様子を

カラーワークスさんのHPにて素敵にレポートしていただいております。

次回の開発秘話は、「もう一つの制作物。カタログ作成は修験道?!」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レムノスさんのオンラインストアで予約が出来るようになりました。

アナログアナログ時計のもつ「円グラフ」の特徴を活かし、
1時間をおおらかに4分割して捉えることで、
時間に追われる生活から抜け出してみませんか?

skyblue

ブルーはコチラからご購入頂けます。

green

グリーンはコチラからご購入頂けます。

red

レッドはコチラからご購入頂けます。

yellow

イエローはコチラからご購入頂けます。

各色:¥5000 +TAX