〈記事の監修のお仕事〉【土橋陽子の子どもの自立を育むインテリア・レッスンvol.5】

【土橋陽子の子どもの自立を育むインテリア・レッスンvol.5】

「幼稚園」「小学(8)年生」を発行している小学館のポータルサイト「HUGKUM(ハグクム)」さんにて、記事監修をさせて頂きました。全5回シリーズの最終回です。
テーマは、子どもが「幸せな大人」になるために、大切なことって?
子どもが自ら動いてくれるためには、「環境設定」と「適切な声がけ」がとても大事です。
私の育児のモットーはひとつだけ「幸せなおとなになること」(=自立してね♪)。
インテリアにできること、結構たくさんあるんです!

私が生涯学んでいくであろう興味の中心に「モンテッソーリ教育の考えを取り入れた、子どもと育つインテリア」があります。

尊敬する神原 恭子さんのご紹介で知り合った、とても聡明なライターさんが、シリーズで書いてくださいました。
最終回は、防災袋の見直し。伝言ダイヤルの「市外局番ってなに?」と、娘に聞かれ、「知らないことが何なのか、知らないもんだな」とも。
みなさんも、学校再開の1日は171の伝言ダイヤル回線が開くので、是非お子さんと取り組んでみてください。
*毎月、1日と15日は災害伝言ダイヤル回線が開かれています
[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加