我が家のリフォーム日記_6

我が家の、12才男子と10才女子。

(1月生まれの息子、12歳になりました)

部屋をそれぞれに分けることをきっかけに、家のあちこちを少しリフォームする事になりました。

リノベーションではなく、住みながらのリフォーム。

果たしてどうなるのか?第6章。

 今回は契約する為に重視した予算の話です。

我が家の場合は、施主支給のアイテムも含めての上限予算を設けました。

つまり、

上限予算 − 施主支給のアイテムの目安合計額=リフォーム業者に払える額

予算内に納める提案力のある施工業者さんとして、

HOME’S経由で前田綜建さんを選びました。
*HOME’S経由で契約すると、設備保証期間が5年まで延長されるんです。

前田綜建さんは、住みながらのリフォームに対して、 養生費を明確に結構な金額を見積もられているのが、他の施工業者と異なり安心しました。

前田綜建さんは、住みながらのリフォームに対して、最初から養生費を明確に、結構な金額を見積もられているのが、他の施工業者と異なり安心しました。

予算と見積り金額の差額をどう近づけていったか?

よく言われるのは「優先順位を家族で決めておく」

その上で優先順位の低い項目から削っていく。

我が家の優先順位ってなんだろ?

●下記8項目は絶対。

1.子どもに個室を与える

趣味の事や勉強に落ち着いて取り組める環境をあげる。

自分の居場所を整える楽しさを体験してもらう。

IMG_6381

それぞれの勉強机も子等と一緒に選びました。スムーズに決まったお兄ちゃんと異なり、揉めにもめた娘のデスク選びでしたが、ビンテージのライティングビューロー(天板の裏に鏡がついてます♡)に決定しました。ちなみに、家具代も予算に含めてます。

2.剥がれまくってる既存の扉を、丈夫なものに交換する

IMG_7308

新築当初から「剥がれ」がすごかった扉。原因は、広い面が挽き板で接着があまいこと。一番日常的にぶつかり易い、「厚みの面」が突き板で薄く剥がれ易いこと。はっきり言って、不良品でした。

 

IMG_4469

「無垢ドア」って言っても、いろんな構造があるんです。個人的ポイントは、厚み面にきちんとした無垢材をつかっていること。そのうえでデザインのいいアイテムを選ばせてもらいました。

 

 

 

 

 

 3.動線を整理する

IMG_7801

以前は青い壁側に開いていた扉の位置を、赤い壁側に開くように入り口の位置を変更。ガラス戸にすることで、子等の居室の灯りが確認でき、廊下にテラスからの日光を取り入れられます。

 

 

 

 

 

4.人工大理石のカウンターを撤去する

動線を整理する上でゾーニングの邪魔になっている「カウンター」を撤去することに。

その分の機能を、造作棚と、stringで補います。

IMG_4252

リフォームまでの1ヶ月は、キッチンからやたら遠くて不便だったダイニングスペースに stringを設置したことで生活がグッと楽になりました。カウンターには、バナナやらバスケットやら沢山のモノが載っています。

 

IMG_4141

リフォーム後に組みたいセットもまとめて代官山の「greeniche」さんであらかじめ購入させて頂き、リフォーム完成前後に必要なパーツのみ納品してもらうことに。

 

IMG_4150

リフォーム後は、現リビングがダイニングスペースになります。その時はカウンターに置かれていたものや、取り皿等をいれる大きな収納にstringを組み直します。

 

 

 

 

 

5.給湯器を交換する

築13年目を迎え、ガス給湯器(床暖房付き)は不具合が出始めてます。

住宅設備機器の寿命としては妥当(給湯器は10-15年毎に要交換)

6.ユニットバスの交換

在来工法のオーダーバスも考えましたが、マンションだし、住みながらだし。

高額&施工期間長いってのは、残念ながらパスすることに。

それにやっぱ、ユニット安心よね。

でも!!!絶対タイルのお風呂にしたい☆

ってことで、探しまくっていたらLIXILにありました♡

IMG_4847

タイルも選べるシリーズ「スパージュ」「ソレオ」が出てました。

IMG_4848

リクシル世田谷水廻りショールームでは、その場で選んだ建材で模型を組み立ててくれて分かり易かったです。

15年〜20 年を目安に交換すると、いつも気持ちいいお風呂に入れるそうです。

マンション浴室リフォームの手順と成功のポイントをご参照ください

*allaboutのyuuさんのリフォームの記事、とっても参考にしました!

7.エコトイレにする

トイレのブラシや、エチケットボックスもできれば収納したい。

手洗い桶も欲しい。

全部解決してくれるtotoのレストパルを選びました。

8.換気扇の交換 ゴミ箱を収納

IMG_4831

揚げ物でギトギトになった汚れを取ろうとして、塗装ごと剥がしちゃった換気扇。右奥に出っぱなしのゴミ箱がガス台前の空間を狭くしています

 

 

 

 

 

●下記項目はできればやりたい

1.みんなが集まる家の中心になるダイニングの天高を上げたい

結論から言うと、うちはピアノを弾くから防音の関係から諦めました。

IMG_6400

ソファー上部にある梁の手前(現リビング、リフォーム後ダイニング)まで、仕上げを剥がして天高を上げたい!!!

 

 

 

 

2.石壁にしたい

結論から言うとやってもらいました。

IMG_3899

沢山取ってある気に入ったインテリアの切り抜きのひとつにあった石壁のある風景。

 

IMG_7800

施主支給したサンワカンパニーの「バンピー・イエロー」。これ、荷受けのときは施工業者も決まってなくて、160キロの天然石が届き..死ぬかと思った

 

 

 

 

 

予算調整の具体的な方法

以上のポイントと細かな補修を含めて、最初は 予算よりも60万円ほどオーバーしていました。

・一部材料を施主支給にする

・給湯器は「エコジョーズ」対応でなくていい

・駐車場は月極で安価なところを探して、2ヶ月借りた

・壁紙の張り替え面積を最低限にして、自分たちで塗装することに

・便器が床から浮いてなくてもいい 等々

総額でディスカウントをお願いするのではなく、

細かな内容毎に削り、合計金額を圧縮していきました

収まりそうだったので契約。

支払いは、契約時、着工開始時、工期中間期、完了後の4回に分けて振込に。

工事終了後に、増額・減額を計算して調整してもらう事になります。

 

IMG_7595

水廻り工事中のお風呂とトイレが使えない間は、家族旅行に出かける事にしました。人生初のトレーラーハウスに♪

つづく。