〈Yoko Press_インテリアライターのお仕事〉Houzzにてミラノサローネの記事2本公開中

 

 

世界最大の家具見本市ミラノサローネは、毎年4月に行われます。

前後編にわけてアメリカを拠点とする住宅系SNS「houzz(ハウズ)」に寄稿した記事が掲載されております。

 

今年は、娘の中学受験も終わったし。ということで17年ぶりにミラノサローネに行ってきました。

ミラノサローネの6日間は「デザインウィーク」と称し、ミラノの街中のショールームや美術館、宮殿などでライフスタイルブランドの新作が展示されます。ファッションブランドのライフスタイルアイテムなんかも!

通勤のお供や、夕飯のお片づけ後のひと時にでもご覧いただければ幸いです♪

革の質感とデザインが都会的で人気のブランド「バクスター」のサローネ会場は、カルロスカルパのような窓が印象的でした。気に入った椅子を記事内でご紹介してます。

●前編 「ミラノサローネ2018レポート:会場で見つけたトレンド・トピックス」

コンパクトにフレキシブルに暮らす提案や、ラフな素材を洗練されたインテリアに加えてほどよいエスニック要素を加える試みなど、トレンド発信地でピックアップした共通テーマを、ライブな会場スナップを交えてご紹介しています。

 

フオリサローネでとても印象的なコーディネート空間を見せてくれた「GUBI(グビ)」の展示も記事内でご紹介してます。

●  後編 「ミラノサローネ2018レポート:世界の人気ブランドが発信するトレンド

ミラノサローネの場外展示会「フオーリサローネ」から、ハイブランドやスターデザイナーが発信する最先端のプロダクトをご紹介しています。

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加