〈Yoko Press_インテリアライターのお仕事〉houzz掲載「家具」×「IoT」が作る未来の心地よさとは


アメリカ発住宅系プラットフォーム・Houzzにて記事を書きました。

今回の記事は、「家具×IoT」を、テック系ではないインテリア畑の土橋から見たものになります。

最近、「オーケーグーグル」やら、「スマートハウス」やら、やたら耳慣れない言葉がすごい勢いで「普通」のこと。

当然の変化のように言われていますよね。

 

google の展示会「soft wear」より。可愛らしいタペストリーに、さりげなくOKグーグル!

 

家電量販店に行くと、通信費とキッチンをセットでご契約のお客様は「通信費を半額に!その分キッチンをグレードアップしませんか?」的なチラシがあったり、東急でイッツコムのコーナーで説明してもらうと「電気、ガス、インテリジェントホームで東急カードのポイント貯まります!!」と言われたり、得なのか損なのか、そもそもその2種類はセット販売するものだったっけ?とか素朴な疑問をもったのが執筆のきっかけでした。

 

正直、最初は専門用語がわからなさすぎず、こんな記事を執筆し始めてまとめられるのだろうか。。。?と不安でした。

でも、友人に恵まれ(私の少ない才能の一つに「素敵な友人がまわりにいる」ってのがあります!)、執筆が長引いたためにタイミングに恵まれ、迷っていた結論部分は、ミラノサローネのgoogleの展示が5秒で解決してくれました。

フオリサローネでロッサーナ・オルランディを会場に、インテリア業界に「最適化」した展示会を開催したgoogle。会場の選定からして、めっちゃcoolです。

 

前編後編に分かれていて長いです。GWに、ちょっと時間あるなーって時にご一読いただければ幸いです。

エレファンテック杉本 雅明 (Masaaki Sugimoto)さんに技術系監修してもらいました。

記事のリンクは下記より!

「家具」×「IoT」が作る未来の心地よさとは_前編

 

「家具」×「IoT」が作る未来の心地よさとは_後編

[`evernote` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加